COOLジャーナル

COOL英会話に関する情報だけではなく、英語学習に役立つ情報、英語力アップにつながるヒント、海外文化のご紹介、ブラッドの著書情報などをお届けします。是非ご一読ください!

COOLジャーナル一覧

洋画『トッツィー』&Brad俳優経験 in ハリウッド

1982年に公開されたTootsie『トッツィー』というアメリカ映画をご存じでしょうか。名優ダスティン・ホフマンが女装し、体当たりの演技で大ヒットとなったラブコメディーで、COOL英会話のオーナー&講師Bradもお気に入りの作品です。(あらすじなど映画の詳細は、こちらのCOOL英会話ブログでご覧ください。)

実はBradはハリウッドで俳優業を経験しているのですが、この映画の冒頭にはBradがとても共感できるシーンがあります。ダスティン演じる売れない俳優のマイケルは、いくつものオーディションを受け、演技後にプロデューサーや監督から

We need someone a little older.
(君は若すぎる。)

We're looking for someone a little younger.
(年をとりすぎている。)

You're just the wrong height.
(君では身長が違う。)

We're looking for somebody shorter.
(もっと背が低い人がいいんだよ。)

We're looking for somebody different.
(イメージが違うんだよ。)

などと言われ、ことごとく不合格になるのですが、Bradも役者として似たような経験があります。Bradの場合は、あるテレビドラマのエキストラとして採用され、採用時には「バーテンダー役」だったのが、衣装合わせの段階で係のスタッフに
"You are too short for the bartender."
(君はバーテンには背が低すぎる。)
と言われ、テーブルに座るお客さん役になってしまいました。このような歯に衣着せぬ物言いはハリウッドでは日常茶飯事だそうです。もちろん、普通このような言い方をすると失礼にあたるのですが、そこはやはり芸能界という特殊な環境ならではですね。

そして、こちらは20年ほど前にBradが俳優業のためにプロに撮影してもらった写真ですが、このような俳優やモデルの宣伝用の顔写真を英語でheadshotといいます。

Brad headshot
映画Tootsieの中でも描かれていますが、下積み期間は安定した収入がないため、バイトを掛け持ちするなどなかなか苦労が多く、残念ながら途中で断念する人もかなりいるのが事実です。Bradはハリウッドで仕事をして、ハリウッドで成功を収めることができる俳優はほんの一握りだということを改めて実感しました。
2021年07月03日

アメリカの卒業シーズンは5月から6月

日本の卒業シーズンは、まだ肌寒さの残る春ですが、アメリカでは5月から6月です。

英語で「卒業」はgraduationですが、「卒業式」は一般的にgraduation ceremonyです。会話などのカジュアルな場では、単にgraduationで卒業式を意味することもあります。「卒業式」には他にcommencement (ceremony)もありますが、こちらはより硬い表現で、「学位授与式」という意味があり、文書、スピーチ、卒業式のプログラムなどフォーマルな表現が必要な際に使われます。

アメリカの卒業生の服装でおなじみの四角い帽子と丈の長い式服ですが、帽子はcap(キャップ)、式服はgown(ガウン)と呼びます。帽子にはtassel(タッセル)と呼ばれる房を下げますが、学校や学部によって色が違い、卒業年の数字のチャームがついています。また、卒業証書のことをdiploma(ディプロマ)といい、学校の名前が入ったカバーに収められます。

卒業式
卒業

卒業式の前にはこのtasselを右側に下げておきますが、卒業式終了時に左側に移すという習慣もあります。また、学校によっては卒業生が最後に一斉にcapを投げて、お祝いムードを盛り上げるという映画のワンシーンのような光景もありますが、投げた後自分のcapがどれなのかわからなくなり困るということも(笑)。

日本の卒業式は厳かで緊張感がありますが、アメリカの卒業式はリラックスした雰囲気でとても和やかです。


卒業に関する単語を使った例文です。

1. I'm going to attend my daughter's graduation next week.
(私は来週娘の卒業式に列席する。)

2. He graduated from Stanford University this year.

(彼は今年スタンフォード大学を卒業した。)

3. Graduates received their diplomas at the commencement.
(卒業生は卒業式で卒業証書を受け取った。)
2021年05月18日

TOEIC 955点取得おめでとうございます!

ご報告ですが、先月TOEIC Listening & Reading Testを受験されたCOOL英会話の生徒さんが、955点のハイスコアを取得という快挙を成し遂げました! リスニングは満点の495点、リーディングは460点で、トータル955点というスコアです。900点を超えるのは非常に難しいテストですが、これは日々の努力の成果で、素晴らしいスコアです。本当におめでとうございます!

毎日少しずつでもいいので英語に触れ、コツコツと勉強を続けることが英語上達の鍵です。積み重ねた努力は必ず報われますので、スコアを伸ばしたいという方も根気よく学習を続けましょう。

Thank you very much for your hard work. Congratulations!

おめでとうございます
2021年04月09日

イースター料理 deviled eggs(デビルドエッグ)

日本でも知名度が上がってきたキリスト教の行事、Easter(イースター)ですが、今年は4月4日です。日本語では「復活祭」で、Easterはイエス・キリストの復活を祝うお祭りです。

Easterの飾りには、生命誕生を表す「卵」がよく使われますが、欧米では卵料理を食べるという習慣もあります。特にヨーロッパで人気なのは deviled eggs(デビルドエッグ)という卵料理です。

deviled eggs
ゆで卵を半分にして黄身を取り出し、マヨネーズ、マスタード、胡椒などの調味料と混ぜ合わせ、白身に盛り付けます。「デビルって悪魔だけど?」と思ってしまいますが、英語でdeviled(デビルド)は「辛く味を付けた」という意味になります。お好みで様々なスパイスを使ってアレンジができますが、ヨーロッパではではイースターの定番料理として、アメリカではクリスマス料理やパーティー料理としても人気です。春のおもてなし料理としてもおすすめの一品です!

Happy Easter
2021年03月30日

「副作用・副反応」は英語でside effect

前回のジャーナルでは「ワクチン」について説明しましたが、今回は「副作用・副反応」についてです。英語で「副作用・副反応」は
side effect(s)
いいます。「横」という意味で知られる side ですが、他に「主要でない、副次的な」という意味もあります。名詞の effect には「効果、影響」という意味があり、複数形には s をつけます。日本語では「ワクチン接種」とセットで「副反応」という言葉を使いますが、英語では「副作用」も「副反応」もside effect(s)になります。

例えば海外で医者にかかり、処方される薬に副作用があるかを聞きたいときは

Are there any side effects?
(副作用はありますか?)

What are the side effects?
(副作用は何ですか?)

などと尋ねることができます。

会話の例です。

会話① 花粉症で受診した患者と医師の会話
Doctor: I'm going to give you medicine for your hay fever.
Patient: Are there any side effects of the medicine?
Doctor: It may make you sleepy, so take it before you go to bed.

医師:花粉症の薬を出します。
患者:その薬に副作用はありますか?

医師:眠くなるかもしれないので、寝る前に飲んでください。


会話② 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた友達との会話
Mike: Have you been vaccinated for Covid-19?
Amy: Yes, I have. I got it last week.
Mike: Did you suffer from any side effects?
Amy: I had a headache after, but I'm fine now.

マイク:新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた?
エイミー:ええ、先週受けたわ。
マイク:副反応はあった?

エイミー:接種後に頭痛がしたけど、もう治まったわ。

最近は「ワクチン接種」や「副作用・副反応」の話題も多いですから、英語で話すときにもおさえておきたい表現ですね。

 

副作用

 

2021年03月06日
» 続きを読む