アメリカでのクリスマスの準備は?

クリスマスは、アメリカで一年のうち一番大事な祝日ですが、今回はクリスマスまでにどんな準備をするのかご紹介します。アメリカではクリスマスの準備は、11月末から始まります。家族によっては、モミの木など本物のChristmas tree(クリスマスツリー)を農場やホームセンターで買います。私がアメリカ留学中にお世話になったホストファミリーの家では、お父さんが農場から2メートルぐらいの高さのツリーを買ってきて、みんなで飾り付けをし、一家団欒のひとときを過ごしました。アメリカではお正月過ぎぐらいまでChristmas treeを飾っておく家庭が多いです。

それから、日本でもクリスマスプレゼントを用意する習慣がありますが、アメリカではプレゼントは、サンタさんからもらえるものだけではなく、親から子に、子から親に、夫婦やきょうだいで贈り合うなど、家族みんなで交換し合う習慣もあります。家族間で交換するプレゼントは、ツリーの下に置く家庭が多いです。アメリカではクリスマスの時期が一年で一番売り上げが伸びるといわれています。

ツリー

 

COOL英会話のオーナー、ブラッドが子供の頃は、家族からのプレゼントには「ブラッドへ お母さん・お父さんより」などと書いてあって、クリスマスの数日前からツリーの下に置いてありました。開けていいのは25日の朝だったので、それまでにプレゼントを揺すってみたり、ラッピングペーパーから透けて見えないか光にかざしたり、何が入っているのか想像を膨らませるのも楽しみの一つだったそうです。25日の朝になると、家族からのプレゼントの他に、サンタさんからのプレゼントもあって、嬉しさ倍増だったとのこと。

そして、日本では年賀状ですが、アメリカでは12月25日までにクリスマスカードやグリーティングカードを送るのが一般的です。クリスマス前になると、色々な種類のカードがお店に並びます。カードにすでにメッセージが書いてあるものもあれば、無地で自由にメッセージを書くことができるものもあります。Merry Christmas!(メリークリスマス)とクリスマスだけをお祝いすることもありますが、新年も一緒にお祝いする意味でMerry Christmas and Happy New Year!(メリークリスマス&よいお年を!)と書くこともよくあります。Christmasという宗教的な表現を避けたい場合は、Happy Holidays!(よい休暇を!)でクリスマスと新年の挨拶にもなります。最近はSNSやメールでメッセージを送ることもよくありますが、やはり郵便でカードを受け取るのは嬉しいものですね☆

クリスマスカード
2019年12月13日