クリスマスの過ごし方

もうすぐクリスマスですね!前回はアメリカのクリスマスの準備についてご紹介しましたが、今回はクリスマスの過ごし方についてご紹介します。

日本とアメリカでは、クリスマスの過ごし方に大きな違いがあります。日本ではまだどちらかというと恋人同士が一緒に過ごす日と認識されていますが、アメリカ、特にキリスト教徒にとっては、イエス・キリストの誕生を祝う大事な祝日で、家族が集まってお祝いをする日です。

日本では年末年始に帰省しますが、クリスマスに帰省するのがアメリカです。25日は祝日なので仕事が休みという人が多いですが、日本のように年末年始が連休になるわけではないので、お正月過ぎまで家族の家で過ごすという場合は、休みをとって連休にする人もいます。学校も年によっては、1月2日や3日から新学期が始まることもあります。

日本ではクリスマスイブに重点が置かれますが、アメリカは25日です。25日には家族が集まり、クリスマスの伝統的な食事を食べ、一家団欒の時を過ごします。その日に食べる食事は、11月の感謝祭と同じような料理で、メインはturkey(七面鳥)です。料理担当の人は、前日や朝からturkey料理の準備をします。それから、日本ではクリスマスケーキが定番ですが、アメリカではクリスマスケーキというものはなく、デザートとして食べるのはクッキーなどの焼き菓子やパイです。

特に子供にとってのメインイベントはやはり、クリスマスプレゼントを開けることです。プレゼントをツリーの下に置く習わしがあるので、クリスマスツリーを用意する家庭では、プレゼントは25日までツリーの下に置いておきます。25日には(親や家族が用意した)サンタさんからのプレゼントや家族からのプレゼントを順番に開けて楽しみます。

24日や25日には教会でクリスマスミサが行われます。キリスト教信者の間では大事な行事なので、毎年欠かさず参加するという人も多いです。

そして、クリスマスの翌日の26日は、"Boxing Day"と呼ばれる日で、主にイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの国で休日になります。イギリスで始まった祝日だそうですが、クリスマスに教会で募金を募り、26日にその募金箱である"Box"を開け、貧しい人々に配ったこと、また、昔は主人が箱(Box)にお金やプレゼントを入れ、家の使用人に年末のギフトとして渡したことなどから"Boxing Day"と呼ばれているそうです。今では"shopping holiday(ショッピング休日)"としても知られています。私がカナダのバンクーバーに行ったときは、26日のBoxing Dayはどこも大規模なセールをしていました。ショッピング街やデパートは人で溢れ、お店によっては50%~70% OFF なんてところもありました!今はネットで商品を買える時代なので、Boxing Dayのセールがあるショップをチェックしてみるのもいいですね☆

We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!
(素敵なクリスマスとよいお年をお迎えください!)

Merry Christmas
2019年12月19日