アメリカの画家ノーマン・ロックウェル

アメリカを代表する画家、イラストレーターのNorman Rockwell(ノーマン・ロックウェル)をご存知でしょうか?名前は知らなくても、彼の作品は見たことがあるという方も多いと思います。

こちらはCOOL英会話に飾ってあるNorman Rockwellのパズルです。

ロックウェル1

 

こちらはCOOL英会話のラウンジにある2020年のカレンダーです。

カレンダー

1921年頃のNorman Rockwell

Norman Rockwellは、1894年にニューヨークで生まれました。14歳のときにアートスクールに転入し、若くから才能を発揮しました。1978年にその生涯を終えるまでに、雑誌や本の表紙やイラスト、企業の広告、映画のポスターやアルバムのカバー、絵画、肖像画など、4,000点もの作品を生み出しました。没後すでに41年が経っていますが、彼の作品は今でも人気です。人間性を理解する能力に長けていたと言われるNormanですが、American culture(アメリカの文化)やAmerican life(アメリカの生活)を題材にした絵が多く、庶民の生活や日常風景などの描写が上手で、とても温かみのある作品が多いのが特徴です。

アメリカのマサチューセッツ州には、Norman Rockwell Museum(ノーマン・ロックウェル美術館)があります。Normanが晩年を過ごしたStockbridge(ストックブリッジ)に1969年に設立されましたが、その後1993年に現在の建物に移転しました。敷地内にはNorman Rockwell’s Studioと呼ばれる彼のアトリエがあります。これは美術館の敷地内に、実際にNormanが使用していたアトリエを移築したものだそうです。ここでは、Normanの作品だけではなく、彼が実際に使った道具や家具なども見ることができます。

ちなみに、画家や工芸家などの仕事場のことを英語ではstudio(スタジオ)と呼びます。日本語では、スタジオよりもアトリエ(工房)の方が分かりやすいですが、アトリエはフランス語で大工や石工などの仕事場の意味があるatelierが語源です。

スタジオ
2020年01月25日