久しぶりに会ったときは"How have you been?"

英語で「元気ですか?」と尋ねる挨拶に
How are you?
がありますが、しばらく会っていなかった人に久しぶりに会ったり、話したりするときには
How have you been?
と尋ねます。

How have you been?は「(会わなかった間)元気でしたか?」や「どうしていましたか?」という意味になります。この挨拶は、久しぶりに会ったときにしか使わないので、初対面の人や、毎日・毎週など定期的に会う場合には使いません。

How are you?が「今」の状態を尋ねているのに対して、How have you been?は「最後に会った時から今まで」どうしていたかを尋ねています。このように、過去のある時点から現在まで続いていることを表すときには、時制が「現在完了形」になり
have (has) + 過去分詞
の形になります。

How have you been?の返事の仕方は
I've been fine (thanks).
I've been good (thanks).
など、答えるときも現在完了形になります。I've は I have の短縮形ですが、会話では特に短縮形を使います。「聞いてくれてありがとう」という意味の thanks も一緒に言えば、より気持ちがこもった返事になります。

また、
Fine (thanks).
Pretty good (thanks).
Not bad (thanks).
などと、簡潔に答えても大丈夫です。

会話の例です。

John: Hi, Mike. Long time no see. How have you been?
Mike: Hi, John. Pretty good, thanks. How about you?
John: I've been okay, thanks.
ジョン:やあ、マイク。久しぶり。元気にしてた?
マイク:やあ、ジョン。元気だったよ、ありがとう。君は?
ジョン:大丈夫だったよ、ありがとう。


Kate: Wow, it's been a long time, Ann! How have you been?
Ann: Kate! I've been fine, thanks. It's great to see you!
Kate: We have a lot of catching up to do.
Ann: We sure do!
ケイト:わあ、久しぶり、アン!どうしてた?
アン:ケイト!元気にしてたわ、ありがとう。会えてとても嬉しいわ!
ケイト:たくさん話すことがあるわね。
アン:本当にそうね!

How have you been?という挨拶は、ネイティブスピーカーの間でもよく使われる表現で、「久しぶりに会った相手にかける言葉」と覚えておくと便利です。


How have you been?

 

2020年05月14日