洋画のタイトルにもあるJAWSの意味は?

夏は海を題材にした映画が話題になることが多いですが、その代表とも言えるのが、人食いザメの恐怖を描いた、1975年のアメリカ映画『JAWS(ジョーズ)』です。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンには『ジョーズ』のアトラクションがあるので、ご存知の方も多いかと思います。

この映画のタイトルでもあるjawsですが、英語の意味は「顎」です。単数はjawで、upper jaw と言えば「上顎」、lower jawと言えば「下顎」、単にjawと言えば、主に「下顎」を指します。そして、複数形のjawsで「歯を含めた上下の顎」になります。この映画があまりにも有名なため、jawsがサメの名前だと思われがちですが、もとはサメとは関係のない単語です。ちなみに、「サメ」は英語でshark(複数形はsharks)です。

例文です。

His jaw got dislocated in the accident.
事故で彼の顎がはずれた。(ここでは「下顎」を指します。)

The boxer's jaw was broken.
そのボクサーは顎の骨を折った。(ここでは「下顎」を指します。)

Great white sharks have powerful jaws.
ホホジロザメには強力な顎がある。

I watched the movie JAWS last week.
私は先週、映画『ジョーズ』を見た。


COOL英会話には、Steve Parker著のThe Encyclopedia of Sharksというサメの百科事典もあります。ラウンジにありますので、ご興味のある方はどうぞお手に取ってご覧ください。

サメの本
2020年07月21日